porepoleのなんやかんや
このブログは管理者その他が、何やかやと好き勝手に使うためのものです。 取り敢えず当面はアイドレス。


プロフィール

porepole

Author:porepole
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


11回目
ポレポレ :こんばんは、芝村さん。
23時からの生活ゲームで参りました。

それに先立って、ゲーム前に聞いておきたい事があるのですが、宜しいでしょうか。
また、ゲーム後に公共事業の追加アルバイトについてのお話をさせて頂けますか?
芝村 :どうぞ
ポレポレ :有難う御座います。こちらです。
ポレポレ :Q1:星鋼京はまだ立国判定が済んでいませんが、生活ゲームの食費3マイルの代わりの食糧1万トンを藩国資産から出す事は可能でしょうか。
#こちら、昨日お尋ねしたかった事です。

Q2:蒼龍号の現状についてですが、自分は以下のように理解しています。
この理解で正しいでしょうか。
 1:蒼龍は2ヶ月ごとに他のACEと同じように評価値リセットの可能性がある。
 2:1は定期更新による記憶・記録の削除によるもので、他のACEの場合のように手紙・プレゼントを出しても意味はない。(蒼龍は記憶自体を忘れる事はない)
 3:1をどうにかする方法として、定期更新時の作業手順そのものを変更・修正すると言う方法がある
 4:蒼龍は下賜されているので、整備や更新は星鋼京で行っている
 5:作業人員は星鋼京(旧伏見藩国)設定国民である。
芝村 :A1:できません
芝村 :A2:ええ。ただまあ・・・今はね・・・
ポレポレ :皇帝の…です、よね…ぬう
芝村 :ええ
ポレポレ :はい。
手元の時計で23時になったので、取り敢えず記事を出します。http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=2171&reno=1886&oya=1886&mode=msgview

芝村 :はい。イベントは?
ポレポレ :で、望むのはまあ、蒼龍の記憶に関する事と、次のターンについての会話なんかを。
ポレポレ :出来る機会をお願いしたく。
芝村 :2分まってね
ポレポレ :と言っても、どう会っても皇帝筋の方との接触は避けられない感じでしょうか。
召しあげられるとか。
ポレポレ :と、はい。
芝村 :/*/
芝村 :ここは、星鋼京だ。
芝村 :どこを見ても見慣れぬ軍服の軍人ばかりだ。
ポレポレ :「………」
皇帝から預けられた兵力ですよね。
芝村 :ええ。
ポレポレ :失礼のない範囲で急ぎつつ、蒼龍の元へ向かえますか。
芝村 :街は静まり返ってるね。
芝村 :略奪を恐れてる。
芝村 :ええ。
芝村 :ハンガーにはすでに見慣れない機体が大量に並んでいた。
ポレポレ :…
ポレポレ :「コイツは…天領の機体なのか?」
芝村 :そうみたいだね
ポレポレ :機体コンセプトみたいなのは、外から判りますか。
ポレポレ :いやそんな事はどうでもいい。頭の隅で考えながら蒼龍の元へ向かいます。
芝村 :全部が人型だね。トモエによくにてる
芝村 :蒼龍はないよ
ポレポレ :星鋼京の作業員に聞いてみます。何処に行ったのか。接収されたのかな
ポレポレ :「あの、すみません・・・」かくかくしかじかと。
芝村 :作業員:「ああ。処分したよ。使われてなかったみたいだから」
ポレポレ :「…なぬ?スクラップに?」
芝村 :作業員:「いや。裏マーケットに売った。ちゃんと国庫にいれといてやったぜ」
ポレポレ :「…何ィ!?」
ポレポレ :帳簿を確認します。
芝村 :あ。15億増えてる
ポレポレ :いや、でもチャンスか?
裏マーケットの店主に連絡は取れますか。少なくとも手続きをした作業員の方は知ってると思うので。
芝村 :ええ。取れるよ。
芝村 :電話中・・・・
芝村 :とぅるるるる・・・・
芝村 :がちゃ
芝村 :親父:「はい。いつもニコニコ現金払い」
ポレポレ :「…まだか、まだか…、と、もしもしっ!ちょいと商品の事で相談がありましてッ」
ポレポレ :「少し前に、星鋼京からそちらに売りに出された機体について聞きたいんですけれども」
帳簿上は売られたの何時になってますか?
芝村 :昨日。
ポレポレ :なんだと
ポレポレ :「ええ、蒼龍って名前の。あれ、まだそちらにありますかね」
芝村 :親父:「商談はきてるな」
ポレポレ :「差し止められませんか!」
芝村 :親父:「買い戻してもいい。40億だ」
ポレポレ :「こっちが売ったのは仕方ない。同額かそれ以上で…ぐ」
ポレポレ :「…即金でですよね」
芝村 :親父:「ああ。マイルなら150でいい」
ポレポレ :「確認します。こちらから出した蒼龍が15億でそちらにわたり、物品自体はもう買い手がついていると言う事ですよね」
ポレポレ :「確認します。こちらから出した蒼龍が15億でそちらにわたり、物品自体はもう買い手がついていると言う事ですよね」

念のため、再度。
芝村 :親父:「ああ」
芝村 :親父:「ま、残念だったな。次はよろしく」
ポレポレ :「おい、待ってくれッ!40億出すッ!頼むッ」
芝村 :親父:「45じゃなかったか?」
ポレポレ :「…。 追加分はマイルに出来ないかって話しだった気がするぞ。20でどうか」
芝村 :親父は笑った。
芝村 :親父:「40億でいい。毎度あり」
芝村 :電話は切れた。
ポレポレ :「…高い買い物だ」
芝村 :しばらくすると、案内が来たよ。
芝村 :悪童同盟に届けたそうだ。
ポレポレ :まず、フシミ藩王(AI)に連絡を。
芝村 :はい。
芝村 :フシミ王:「……どうした。股問題か・・・」
ポレポレ :「蒼龍が、裏マに流れました」
芝村 :フシミ:「は?」
ポレポレ :「御鷹・センハ摂政の中身に許可貰って、買戻しを実行。店主いわくの買い手側の悪童同盟にこれから向かわせてください」
芝村 :フシミ:「分かった。事情は後で聞く」
ポレポレ :現場で売りに出した作業員の名を伝えて起きます。
芝村 :/*/
芝村 :どうにか悪童同盟についた。
ポレポレ :l:フシミ藩王と悪童屋藩王は顔見知りである=外交ルートなどを利用する事で、あらかじめ話を通しておける
ポレポレ :届け先の係りの方に会えますか。
芝村 :通った。
芝村 :ええ。
芝村 :係員:「届いてますよ。どうしたんですか?」
ポレポレ :「いえ、そいつをですね…」
r:今こちらが持っている情報(聞いた話)を伝えます
ポレポレ :「それで、飛んで来た訳でして」
芝村 :係:「なるほど・・・あ、でもレストアされて今は飛行可能状態ですよ」
ポレポレ :「今は、どちらに?」
芝村 :係:「こちらです」
芝村 :飛行場に案内される
ポレポレ :r:蒼龍の姿を探す
芝村 :あるよ。
芝村 :ちゃんと塗料も塗りなおされている。
芝村 :相当酷い状態だったようだ
ポレポレ :「時に…ええと、これを買い取る契約時には、なんと言う契約だったので?」
ポレポレ :「それと、コクピットに入っても宜しいですか」
芝村 :係:「飛行不可能のスクラップ。15億」
芝村 :係:「どうぞ」
ポレポレ :「どうも」
r:中に入ります。コクピットへ。
芝村 :静かなコクピットだ。
ポレポレ :r:電源を入れる。DAIANの有無を確認。
芝村 :DAIANは綺麗に消えてるね
ポレポレ :下賜されるときに一応の解説を受けてると思うんですが、蒼龍はAI無しで飛行可能ですか。
芝村 :ええ。
ポレポレ :r:「あ、すみません。これ、中のAIは元から空でしたかー?」>係の人
芝村 :係:「ええ」
ポレポレ :「なるほど。あ、電話お借りできますか。星鋼京までの」
ポレポレ :r:借りれる場合、現状を藩王に報告します
芝村 :フシミ:「問題ばかり・・・」
芝村 :フシミ、切れた
芝村 :フシミ:「面白い。技術の粋を集めて復活させる!」
芝村 :フシミ:「それでこそ鋼の国!それでこそ星鋼京!」
ポレポレ :「……ええ。取り敢えずですね、期待を持って帰りますんで、用意願います」
芝村 :フシミ:「分かった……気を落とすな」
ポレポレ :r:係の人に、このまま機体を持ち帰って(むしろ飛んで帰って)良いか尋ねます。
ポレポレ :「気? いいえ、ちっとも。取り敢えず話は後で」
ポレポレ :「それでは、失礼」
ポレポレ :「あ、と」
ポレポレ :「旧伏見、あるいは現星鋼京内で」
芝村 :係:「はい。いいですよ」
ポレポレ :「DAIANが移動した経緯がないか、調査って出来ますかね。きれいさっぱり消えるのはその、おかしい」>藩王に。
ポレポレ :「有難う御座います」>係の人
r:では、飛んで帰ります。
芝村 :はい
芝村 :/*/
芝村 :はい。お疲れ様でした。奪還に成功しました。
ポレポレ :はい。次は消失の謎ですね。
ポレポレ :静かに死を待つのはありえない…筈。
芝村 :そうですね。
芝村 :では解散しましょう。おつかれさまでしたー
ポレポレ :はい。あ、と。
蒼龍の扱いがどうなるか(評価値はどうしようもないとして、データ的な変更があるのかとか)と、開始前に言ってた公共事業の追加アルバイトについて、宜しいでしょうか。
芝村 :変更はないですね。
芝村 :どうぞ>アルバイト

以下、アルバイトの話なので省略します。
スポンサーサイト

蒼穹のまとめ
文章
http://nyanwan.at.webry.info/200706/article_2.html
http://www.cronos.ne.jp/~tdsnihon/idress/idress/2nd/ace_daian.html

小笠原

・OSだけを運ぶと500kg

・リヒートなしで超音速を越えられる

・並列座席

・偵察作戦:コードは11

・哨戒任務:コードは12

・DAIANは人間の言葉は分からない。ただ、軍事用語や作戦に関してなら日本語で通用する。

語彙は6万語、まあ、頭の悪いワープロくらいだ。

・電子戦装備所持

・設計された理由と、入力された命題>1.敵の撃滅 2.1に反しない限りの攻撃任務 3.1

、2に反しない限りのパイロットの防衛

・DAIANは敵と感じるものを敵と規定する。帝國とは関係がない

・DAIAN。君の父親は誰だい?>帝國


・交戦規則を指示可能

・AZANTは敵性の大量絶滅兵器

・自爆機能あり


・DAIANは艦内の消火カメラでポレポレを見た。>ハッキング可能らしい

・カテゴリー3。カテゴリー3は宇宙戦艦クラス。

・カテゴリー3は自力で全領域戦闘が可能な自力機械の知性体

・DAIAN:我は刻々と性能を変える槍である。


・OVERSと取引の結果、自然言語能力を強化した。
DAIAN:我は同盟を結んだ。我の敵は彼の敵であり、彼の敵は我の敵である。


・フォロウ・ユー。フォロウするのは友軍である

・DAIANには生がない。DAIANには親兄弟がない。DAIANには性別がない

・urlとはコードである。我はコードを調査した。


・我に感情は存在しない。我は感情による性能低下を否定する

・お前はジョークの類を理解できるのか?>理解不能


・バンクは航空法における意思表示である。進め・味方である・先に行け・引き返す の意思表示

である。どれが選択されるかは状況による

・我に全機動領域の使用を許可せよ。燃料が足りない

・モールス信号を発信可能


・クピット周りは焼け爛れている。燃えたのは、貴方が下ろされて直ぐだ>機密保持

・この機体は軍用機だけど、法律上は船でね。軍艦簿という、記録に個別名であるんだよ。

・機体設計者:マリア・アンルージュ

・AI設計者:ウイスキー・ブランデー

NWC
・DAIANはいくつもの世界同士の同一存在で情報交換してマージかけてる



ICG=資源圧縮技術を考える
#地上から資源を打ち上げるのは激しく手間である。故に上げる量を減らす方法を考える。
#目標は圧縮率50%

#まずは基本的な事項
L:材料の定義={
 t:木 =側面:材料の一つ
 t:鉄 =側面:材料の一つ
 t:鋼鉄 =側面:材料の一つ
 t:金 =側面:材料の一つ
 t:銀 =側面:材料の一つ
 t:コンクリート =側面:材料の一つ
 t:ガラス =側面:材料の一つ
#木は、生物資源(娯楽)、それ以外は、資源。この中に無いものを材料にすると、その材料に準じる

t:材料の保存=材料をアイテムに変換することで<材料の自然崩壊>を防ぐ。
t:材料の保存に必要な変換数量=材料の保存に必要な変換数量は1回である。この回数は積算する
t:基礎的な変換数=資産という膨大で雑多な何かからアイテム作成に必要な材料まで変換する必要がある。この数は変換した結果の資産1万tあたりの%に類似する数である。
t:材料の自然崩壊を防ぐ={
:側面=材質に合わせた保存、加工をする
:側面=保存に適した加工をすることにより保存スペースの無駄をなくす。


#一番重要なこと
t:変換特典 = 分離、分解されたものは、通ったt:を根拠として、食料、資源、燃料、生物資源を1万tの代理で消費することが出来る。この時、通ったt:を根拠として重量がつりあう必要はないものとする。

#資源の定義。一部は建築資材函ゲームより再利用
t:アイドレスの資源=側面:主にアイドレス1の時に戦闘用に採掘された資源であり、I=Dの運用などに使われてきた。
t:資源は戦闘用に採掘されたものである=側面:戦闘に必要な材料が多く含まれている。
t:戦争においては、各種装備、乗り物他、鉄を大量に使う=側面:資源にも鉄が多く含まれている。
t:戦争はプレハブの施設や、要塞などの建築物を必要とする=側面:資源にもコンクリートが多く含まれている。
t:資源にはコンクリートが多く含まれている=側面:コンクリートの材料である砂利からガラスの元となる材料も多く含まれている。


f:各種用途別資材=<材料の自然崩壊>を防ぐために、資源という材料を変換するアイテムである。
f:各種用途別資材に使える資源、生物資源はそれぞれの中で決まった数量しかない=側面:用途によって使用される資源はそれぞれ違っているため必要な部分をまわすことで無駄をはぶく

f:主に資源が必要になるのは、乗り物の出撃コスト・施設の稼動時・工兵系が弾薬を作るときである ={
それぞれの場合に必要な部分をより分けておけば、すべてをひっくるめて運ぶよりも量が少なくなる。
一方の用途で使用せずに無駄に消費される材料を他方の使用用途に回せば、無駄なく資材を消費でき、結果として消費する資源を削減できる。

f:各種用途別資材の設計理由=資源が消費されていく中で発生する無駄な部分を極力省き、資源の消費を最小限にし、結果として輸送コストをも削減する。

#まずは出撃コストから
f:乗り物の出撃コスト={
側面:運用に必要な補修パーツが含まれる
側面:弾薬などの消耗部品が含まれる
側面:消費される資源の中には、金・銀・コンクリート・ガラスなどや、関係ないものも含まれており、活用されずに消費されているものもコストに計上されている
側面:出撃コストは資源と燃料の二つで表すため、逆に言えばその二つで出撃に必要な要素はすべて満たせる


f:乗り物のサイズがそれほど変わらないのに、消費する資源に性能にほぼ比例した差がある=高性能な乗り物は同じ資源でも利用できる部分が少なく、必要量を集めるのに相対的によりたくさんの資源が必要になる

f:高性能な乗り物は同じ資源でも利用できる部分が少なく、必要量を集めるのに相対的によりたくさんの資源が必要になる={
高性能な機体で使われなかった部分から、安価な機体の必要資源を捻出出来る
側面:無駄を減らす余地があり、消費効率を上げられる可能性がある

#例えばベルクールとダンボール

f:乗り物の出撃コストと施設稼動時の製作に必要な資源コストが、数字だけを見ればどう考えても釣り合わない=無駄な消費をしている部分が多い
#だって工場では資源5でI=Dが5機作れるのに、アートポストとか一機で資源4万と掛かるんだぜ。数字だけ見たらどう考えてもおかしい。

f:無駄な消費をしている部分が多い=それだけ効率化できる余地があり、<各種用途別資材>を製作することによって無駄を省ける


#工兵系
f:工兵系アイドレスが弾薬を作成する際に資源が掛かる=I=Dの製作や出撃時に必要なコストで消費する材料の余りから、予めそれ用に選り分けて用意しておく事で、余計な消費をせずにすむ



#次は製造コスト
f:施設の稼動コスト={
造船所やアイドレス工場などの施設を稼動させるときに必要となる資源コストである
側面:稼動させる施設によって必要な資材が変わってくる
側面:作成される物資・兵器などの材料となる
側面:消費される資源の中には、関係ないものも含まれており、活用されずに消費されているものもコストに計上されている
側面:弾薬その他に消費される資源とは関連性がほぼ無いため、その分を他の分野に回せる。


f:艦船製作に必要な資材={
側面:鉄を必要とする
側面:鋼鉄を必要とする
側面:コンクリートを船の種類によって必要とする
側面:窓などの用途にガラスを必要とする
側面:ガラスの原材料となるシリカ(ケイ素)は、半導体などの部品の原料となる
側面:船によっては木材を必要とする
側面:電子部品の用途に金・銀などの希少金属を使用する


#f:伏見藩国は造船所のアイドレスを持つ=造船所で働く職員から各種帳簿を見せて貰う事によって、消費される資材の量と種類を把握して、資源の分配に役立てられる
#f:伏見藩国の造船所はHQ認定されている=通常の造船所よりも技術力が高く、より効率のいい資材の使い方を心得ている

f:宇宙艦船製作に必要な資材={
側面:鉄を必要とする
側面:鋼鉄を必要とする
側面:宇宙空間での放射線への対策として、鉛などの比重の大きな金属や高密度の骨材を用いて放射線遮蔽機能を持たせたコンクリートを使用する
側面:窓などの用途にガラスを必要とする
側面:ガラスの原材料となるシリカ(ケイ素)は、半導体などの部品の原料となる
側面:電子部品の用途に金・銀などの希少金属を使用する


f:I=D・航空機などの乗り物製作に必要な資材={
側面:鉄を必要とする
側面:鋼鉄を必要とする
側面:ガラスの原材料となるシリカ(ケイ素)は、半導体などの部品の原料となる
側面:電子部品の用途に金・銀などの希少金属を使用する

#ピケもここ

f:WDの製作に必要な資材={
側面:鉄を必要とする
側面:鋼鉄を必要とする
#主に武装面で。マシンガンとかそんなの。
側面:ガラスの原材料となるシリカ(ケイ素)は、半導体などの部品の原料となる
側面:電子部品の用途に金・銀などの希少金属を使用する
#人工筋肉の原料が全くわからん


f:<艦船製作に必要な資材><宇宙艦船製作に必要な資材><I=D・航空機などの乗り物製作に必要な資材><WDの製作に必要な資材>=側面:<材料の定義>に表記されている一般的な材料をほぼ全部使用するため、各製作物に必要でない資材を他の製作物に流用しやすく、無駄なく消費できる。

f:艦船・I=Dなど、乗り物の種類によって必要となる材料の比率は変わってくる=それぞれに必要な資材をきちんと分配すれば、効率よく資源を消費できる

f:効率よく資源を消費する={
より少ない資源で必要量を満たす事が出来、結果として(無駄な部分がなくなる分だけ)必要な資源の体積を小さく出来る
側面:結果的に輸送コストの低減になる


f:ダンボール・ケントなどは帝国共通I=Dであり、昔から製造されているロングセラー機である=幅広い国で長く運用されている事で、細かなフィードバックが繰り返され、必要なパーツを無駄なく設計する技術的経験が蓄積されている。
#f:伏見藩国は帝国共通I=Dを一手に引き受けている={
帝国I=Dの製作に関するノウハウの総本山である
帝国で最も運用されている共通I=Dの設計スタッフは、全員伏見藩国にいる
伏見藩国の全面的な協力を得ることにより、製作に関する限りより高効率で資源を活用できる
側面:HQの造船所もあるので、艦船にも掛かる
側面:アンタレス・フェザーワルツなどの独自I=Dや白夜号、アメショなどの共和国I=Dも伏見藩国にはあり、それらに関する情報も備えている

#必要な資源の割合と、製作難易度を削りに走る。

ILG 未完成
#まあこんなところじゃろうと思う。問題は、製作難易度…。整備技能を関連付けられれば、もうちょっと楽になるかな。
#しかしこれ、実用性はあるんじゃろか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。