porepoleのなんやかんや
このブログは管理者その他が、何やかやと好き勝手に使うためのものです。 取り敢えず当面はアイドレス。


プロフィール

porepole

Author:porepole
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3回目(仮)
セントラル越前 :こんばんは、失礼します。
芝村      :こんばんはー
セントラル越前 :23 :00よりポレポレさんと小笠原の予約を入れさせていただいておりました
芝村      :はい。お待ちしておりました。
セントラル越前 :はい、よろしくお願いします。 ポレポレさんをお呼びします

porepole@恐怖と緊張で目が霞む がこの会話に参加しました。一部の参加者は、手書きのメッセージを表示したり、送信することができないため、手書きのメッセージは使用できません。手書きのメッセージはテキストとして送信されます。

芝村      :記事をどうぞ
ポレポレ    :お世話になっております。
        合計マイル10を消費して、ミニな学校イベントを申請いたします。

        ・参加者および消費マイル
        3100596 :ポレポレ    :0
        3200622 :セントラル越前 :0
        伏見藩国口座 :5
        越前藩国口座 :5

        ・参加ACE
        DAIAN(伏見藩国滞在)
        七海   (越前藩国滞在)

        以上、よろしくお願いいたします。
        こんばんは。そして記事になります。
セントラル越前 :今晩は何卒よろしくお願いします
ポレポレ    :ポレポレ@伏見藩国
        2007/10/02 22:48
        これも必要でしたでしょうか。
芝村      :はい。OKです。
        イベントは?
ポレポレ    :それなんですが
芝村      :ええ
ポレポレ    :学校イベントを2個以上…の制限は、PL二人とも満たしてないとダメなんですよね
芝村      :ええ
ポレポレ    :DAIANが入れて、普通にしゃべり倒したいので…勉強会でも良いですか。
芝村      :いいですよ。
        では2分後に開始しますー
ポレポレ    :はい。
セントラル越前 :はい。よろしくお願いします

        /*/

芝村      :勉強会の会場は、船の上だ。
ポレポレ    :輸送艦の上にいる。
艦長      :「こちらです」
芝村      :大運丸という。帝國の船だよ。
ポレポレ    :「はじめて乗りましたが…立派なものですな」促されるままについていきます。
セントラル越前 :「海の上を走る船に乗るのは…アイドレスでは初めてだったな…なるほど、こうなっていたのか…」
芝村      :艦長は船倉に案内した。
         航空機を入れるためか、大きい。ぶちぬきだ。9mはある
ポレポレ    :「そう言えば、前のときも海の上の出番は無かったですよな」
        そこに蒼穹が居るのでしょうか。
セントラル越前 :「前…… ああ、君がまだ私の臣下だった時の話かな?」
ポレポレ    :「改めて言われるとこそばゆいですな。ええ」
芝村      :ええ。蒼穹がおいてある。
セントラル越前 :七海は一緒にいますか?
芝村      :整備してあるらしい。大きなケーブルがせつぞくされていて、そこにモニターがあるよ。
         七海はものめずらしそうにあちこち見てる。
セントラル越前 :「一度別れ告げてみたが… 再会の約束がこういった形で果たされるのは、意義深い物を感じる」
芝村      :七海が寄ってきた。
ポレポレ    :越前を見上げて、歯を見せて笑った。
セントラル越前 :「こういった船に乗るのは初めてかい?」 >七海へ
七海      :「この間はどうしてこなかったの?」
         「ありゃ、大将。レディのお誘いを断ったので?」
セントラル越前 :「うぐっ……私も…… わ、私だって本当は行きたかったんだ……」
         ダンゴムシのように丸まって嘆いてみます
七海      :「ありゃりゃ。大丈夫?」
         「お腹いたいの?」
ポレポレ    :「気にせんでも、お湯をかけるか時間経過で元に戻るよ」
セントラル越前 :「私は形状記憶合金か何かか」
芝村      :七海は越前に抱きついた。
セントラル越前 :「お腹は痛くないよ。心配いらないさ。 … おおっと」
芝村      :七海はいい香りがする。
七海      :「どう?」
セントラル越前 :「とても元気になれそうだ。ありがとう」 七海の頭に手を当てて少し不器用に撫でます
ポレポレ    :「……」後ろで微妙にニヤニヤしながら、見てます。
七海      :「じゃん」
芝村      :七海はいい香りを出す蟲をだした。金属の弾みたいだ。
七海      :「マイナスイオンだって。あげる」
セントラル越前 :「どうもありがとう」 手のひらの上でつついてみたりとか。
芝村      :七海は背伸びした。笑ってる。
ポレポレ    :「お、良いもの貰いましたな。羨ましい」
七海      :「ごめんね。一個しかないんだ」
ポレポレ    :「おっと、いや、すまない。ねだった訳じゃないんだ。でも、ありがとう」
セントラル越前 :「大丈夫だポレポレ、後で一緒につつかせてやろう」
七海      :「今日は、それでなに?」
ポレポレ    :「ほっほぅ。アイツに手があるなら、三人でやるのも面白そうでしたが…」
ポレポレ    :「ん、ああ、すまん。えーと」
セントラル越前 :「それは非常に陰気というか… おほん。今日は…なんだ。 今日はDAIANとお友達になる会?」
ポレポレ    :DAIANの状態って、モニターで確認できますか。
七海      :「DAIAN? え?DAIAN?」
芝村      :見れますよ>ポレポレ
        作戦コードを要求している。
ポレポレ    :「キミに、会わせたかったんだ。知り合い…みたいな話を聞いたんで」
セントラル越前 :「君が知ってるDAIANかどうかは知らないが、伏見藩国にもDAIANという者がいるらしい」  >七海
ポレポレ    :「さて、会話するのは何番だったかな…」
        人員とコミュニケートしようと思ったら、どんなコードを入れれば良いでしょうか。
七海      :「DAIANにも色々あるから。MAKIが入っているのは、知ってる。軍艦の制御システム。頭脳戦艦につかうの」
セントラル越前 :「そうか、色々あるのか。伏見のDAIANは…確か単独稼働だったかな? 一瞬だけOVERSが乗ったとは聞いているが」
七海      :「そっか・・・」
ポレポレ    :「OVERSって、なに? MAKIみたいなの?」
セントラル越前 :「第一世界と第七世界のテクノロジーのあいの子、たった一つ夢を見るプログラム、らしい」
七海      :「……なるほど」
セントラル越前 :「……文殊、それと優填は、開発思想だけちょっとだけ受け継いでる」
七海      :「えっと」
ポレポレ    :「DAIAN、取り敢えず偵察だ。偵察対象はオレ」
芝村      :DAIANは艦内の消火カメラでポレポレ    :を見た。
セントラル越前 :「だがなんだ。我が藩国には風追いはいないし、第一と第七のテクノロジー、という外面だけ借りただけだからな。実際、かなり、遠い」
芝村      :DAIANはデータをモニターに表示しはじめた。
ポレポレ    :「お、七海ちゃん。向こうからあいつこっち見てるぜ」
芝村      :越前藩の文殊のデータを借りて表示している。
        七海はカメラに手を振っている。
セントラル越前 :「あ。非常に見覚えのあるデータ配列」
ポレポレ    :「文殊はかなり偉大ですからなぁ」
セントラル越前 :「うちの摂政が聞いたら泣いて喜ぶよ」
        七海の後ろで一緒に手を振ってみます
芝村      :七海は嬉しそうだ。
ポレポレ    :「ははは。お世話になってます。
 そういやDAIAN、さっきこの子の話にも出てたが、DAIANの名を冠した存在は、他にあるのか?」
DAIAN   :存在する。
ポレポレ    :「お、どんなタイプがあるんだ」
DAIAN   :詳細不明。他世界の情報不足
七海      :「すごい。さっきの会話から他世界を認識したんだ。カテゴリー3レベルだ」
ポレポレ    :「ほ?聞きなれない単語だな。それは知性の段階かなんかを表す位かい?」
        なんとなく越前氏を見つつ。
セントラル越前 :「知覚能力で分けられているのかな。 全部で何段階あるのだろう?」
七海      :「うん。カテゴリー7まであるけど、7はMAKIしかいないんだ」
ポレポレ    :「そりゃ凄い…でも、あれがトップクラスって言うのはなんか判るな」
七海      :「カテゴリー3は宇宙戦艦クラスなんだ。この船の知性体なの?」
ポレポレ    :「ちなみに、別の場所でカテゴリーのランク付けって、されたことあるのか?」>DAIAN
ポレポレ    :「いいや残念ながら。この戦闘機の知性体だよ。今は」
DAIAN   :我はカテゴリー3である。
芝村      :七海は目を白黒させている。
ポレポレ    :「今、相応しいボディを作ろうと色々やってるんだけど…そういや越前藩王の所に、うちの藩王から何か話、行きませんでしたか」
セントラル越前 :「いや……そういう話は私のところには届いてないようだな。とはいえ、宇宙戦艦となるとうちの守備範囲から外れているぞ」
七海      :「カテゴリー3って、どうやって入っているの?このサイズの飛行機に」
ポレポレ    :「カテゴリー3、か。ちなみにそのカテゴリーと判断される条件は、なんだろう」>DAIAN
セントラル越前 :「この機体、伏見製だったか?」 >ポレポレ    :
ポレポレ    :「どうやって…と言ってもな、オレにとってはブラックボックスみたいなもんだから…確か取り出したときのハードの重量は500キロぐらいだったはず
 いえ…“帝国製”としか」
DAIAN   :処理能力である。
七海      :「嘘……」
セントラル越前 :「天領のブラックボックスかぁ… それならここにいる者は知らないはずだ」
        「DAIAN自身の保有する、公開可能なデータにその辺詳しくあったりしないか?」
DAIAN   :カテゴリー3は自力で全領域戦闘が可能な自力機械の知性体である。
        我は我の敵をサーチする。
ポレポレ    :「ふぅむ…彼女が驚くような能力…なのか。聞いてみましょう。DAIAN、おまえ自身のことについて公開できるデータを閲覧させて欲しい」
        「ちなみに凄いバカな質問かもしれないが…キミの常識の中にあるカテゴリー3ってのは、どの位の大きさなんだ?」>七海
DAIAN   :我は刻々と性能を変える槍である。
七海      :「えっと。この船の知性体でも、ちょっと小さい」
セントラル越前 :「自律進化可能なアルゴリズムということか?」
        七海の言葉に、高い天井を見上げます
ポレポレ    :「なんと。じゃあ彼女は成長して、しかもオーバーテクノロジーも良いとこなのか。いやオーバーかどうかは知らんが」
セントラル越前 :「乙女には秘密がいっぱい、というところに収まりそうだな、ポレポレ」
七海      :「……」
芝村      :七海は目を細めている。
セントラル越前 :「悪いことを考えてる目だ」
芝村      :七海は舌打ちを連続させている。
        耳障りな音だ。
ポレポレ    :「DAIAN、防御だ。考えられる全てから」
セントラル越前 :「……?」 通信帯域に何か変化ありますか?
ポレポレ    :「あと自爆とかはやめろ」
DAIAN   :防御中。
芝村      :七海 はんおー。きこえる?>
        七海 きこえるなら、うなずいて>
セントラル越前 :こくん。
        首を縦に振ります
芝村      :七海 おかしいよ。この子、あきらかにカテゴリー4かそれより大きい機能みたい>
セントラル越前 :「………」
芝村      :七海 このサイズじゃ、物理的に無理だ。量子の振る舞いよりも、集積が必要だ物>
セントラル越前 :(量子か…) かつて藩国にあったセヴンスター対空防衛システムを思い浮かべます
ポレポレ    :「まあ、現在新造中のボディは最高でも今と同等サイズなんですが…もちっと大きい方が似合うんですかねー…?」気にせず喋っております。
芝村      :七海 あまり信用しないほうがいい。敵のにおいがする>
DAIAN   :我は必要なボディを使う。
セントラル越前 :小さく頷いておきます 
芝村      :七海 嘘をつくコンピュータはあやしいって、MAKIもいってた>
ポレポレ    :「そらそうだろうが…だから悩んでるんだよ。お前の“敵”の概念が、我々に伝わっていない。お前に必要なボディは敵の撃滅か、それに類似する事だろう?」
DAIAN   :我は敵をサーチする。我は敵を撃滅する。
        我の敵は我の敵である。
ポレポレ    :「あるいは、DAIANにとって必要なボディを入手するのに、われわれの手を借りる必要はないのか…OVERSみたいに?」
DAIAN   :OVERSは友軍である。
ポレポレ    :「俺が伝える前は、どう判断してた」
DAIAN   :我は広島に転戦することを希望する。
芝村      :七海は、目を細めた。

        /*/

芝村      :はい。時間です。お疲れ様でした。
セントラル越前 :お疲れ様でした。
ポレポレ    :お疲れ様でした。
セントラル越前 :ありがとうございましたー とても楽しかったです
ポレポレ    :くそー、DAIANずるいなぁ(笑
芝村      :七海はなついてたね。
セントラル越前 :良い娘ですね、七海は。大切にしてあげたくなります
ポレポレ    :七海さん、可愛いですね。まだ一面しか見てないですけれども、良い印象が。
芝村      :いやまあ、怖いけどな。
        イノセントガールなだけに、怖い。
ポレポレ    :ええ。
セントラル越前 :そこが良いという人も。      や。私はそのようなことは・・・
ポレポレ    :そして、また新たな謎が増えました…無念…
        おや、越前さんのゾーンはそこですか。
セントラル越前 :違うと言ってるじゃないですかッ
        な、なななにをおっしゃるのかまったく
芝村      :常識を知らないがゆえの残虐さ、スピリチアダンスの少年少女はもってるからねえ。
ポレポレ    :(笑
彼女たちにとっては、ゲームの世界なんですか?
セントラル越前 :先だっての我が藩国の3時間ゲームでも、桜子さん等はその鱗片をのぞかせていましたね
        あと、金魚とかもか……
芝村      :ええ。怖い子供だったね>3時間ゲーム
ポレポレ    :彼女たちの知ってるルールで、全てを考えるんでしょうか。うーむ?
セントラル越前 :あの辺の認識を改めさせるのは並大抵では行かなそうだなぁと思っておりました
        あと、他にルールを知らないからああいう振る舞いなのかな、とも。
芝村      :ははは。
        ま、がんばってくださいな。長い付き合いだし。根は、いいこだ。
セントラル越前 :お近づきになりたいものです。色々な意味で。
ポレポレ    :頑張って下さい。応援しています。
セントラル越前 :ポレポレさんはDAIAN相手に頑張ってください(笑)
芝村      :はい。評価は
セントラル越前 :はい
ポレポレ    :はい
芝村      :七海→越前 +1+1
        DAIAN→ポレポレ+1+1
ポレポレ    :おぉ…順当に上がっていますね。
セントラル越前 :ありがとうございますー
ポレポレ    :何故DAIANの愛情が上がるのか、最近非常に気になっています。
芝村      :ははは。
        ではかいさんしましょう。お疲れ様でした。
セントラル越前 :カテゴリー4以上なら愛も認識できるんですよ… きっと
        はい。今晩はありがとうございました
ポレポレ    :お疲れ様でした。
         無理を聞いていただいて有難う御座いました。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。