porepoleのなんやかんや
このブログは管理者その他が、何やかやと好き勝手に使うためのものです。 取り敢えず当面はアイドレス。


プロフィール

porepole

Author:porepole
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


工場
l:この文章はすべて「~だ」「~である」調で書かれている。


#案1:大量作成王道型
#案2:個人能力強化型
#案3:少量無消費型
#の、3つを思案。それぞれに費用の計算と、自分の見た目からのメリットデメリットをつけている。
#変換5回として想定。資源4400トンか4400万わんわんを使用して施設を作成する。
#10回であれば500(or480)マイル。資源1968トンか1968万わんわん。
#2000t弱あれば作れると思ったので、1以上の資源は導入していない。


#f:お弁当工場 ={
側面:食材を調理し、大量にお弁当を作るための清潔な施設である。
側面:お弁当のレシピが必要である。
側面:お弁当の作成能力は、施設の面積に比例する。


t:お弁当=コンパクトな箱の中に必要な栄養素を含む料理を詰めた携帯可能な食事である。食事1回分に相当する分が入っている。
t:ユニバース定義 =無名世界観の因果、および物理法則とそれに矛盾しない限りの常識および現代科学。


#f:お弁当工場をつくる ={
側面:お弁当の具材を作るための機材と、作業を行う人員が必要である
側面:工場内は清潔でなければならない。
側面:作成量に相当する土地が必要である。
側面:新造するのではなく、既にあるものを購入したり、本来別の用途であった建物を業者に改装を委託したりすれば、資源の代わりに資金を使用できる。



r:お弁当工場を作る場合の費用
#土地面積を500m2にする。基本30+土地60*5+資源50+変換費用30*N(1以上)
#この時点で360+α+資源。
#その他の土地をクローバー畑にして住宅地にする場合、285+α+資源。とは言え、別にクローバー畑になったからといって輸送の問題が解決するとは限らない。

#大穴として、住宅地1+その他の土地4。つまり、住宅地の端である。20%だけ住宅地の範囲。この場合の諸費用は180+α+資源。
#これなら輸送もまだ楽なはず。今回はこれで考える。
#エースの人に潰されてないことを祈る。なお、これが駄目だった場合は、クローバーで+105マイル、全部住宅地で180マイルも費用が上昇する。


#案1:大量作成王道型


L:お弁当工場壱型={
t:名称=お弁当工場壱型(施設)
t:要点=作業員,清潔,まだ空の弁当箱
t:周辺環境=詰められていく弁当
t:評価=なし
t:特殊={
*お弁当工場壱型の扱い =個人所有アイテムとして見なし、一箇所に設置する。
*お弁当工場壱型の効果 =1ターンあたり20000個のお弁当を生産できる。この時、食料を1万t消費する。消費しない場合、この効果は受けられない。
*お弁当工場参型の設置 =このアイテムを保有するには、500m2の土地が必要となる。

→次のアイドレス:・配達用トラック(乗り物)・食糧支援(イベント)・人気商品(アイテム)・医食同源(イベント)

#1ターンを7日として計算。3000*7=21000
#無名世界観の基準が判らない。が、現代科学の制限を受けるならこれが限度だと思われる。


#コスト試算
#初期費用:土地120+作成費30+変換回数×30+資源50(or資金30)
#食料1万トンのレートを10として、52週で520マイル。選ばない事を選択するならそれだけ低下。

l:見積り ={
l:初期費用 =200(or180)+変換回数*30マイル 
l:年間経費 =10~520
l:
l:メリット =作成作業が自動になり、手が掛からなくなる。設定的に、失業者への多少の雇用口になるかも。
l:デメリット =無駄が多い。一回ごとに8460トンが無駄になる。

#ガンガン作ってしまう事を考えると、自動消費は切り辛い。宰相府藩国が食料に不自由しないのなら、カットするべきだと思う。

#概算したら、サーラ先生と今日子さんを動員したときの数字が6万食ぐらいになった。意味ないかも…


#案2 個人能力強化型

L:お弁当工場弐型={
t:名称=お弁当工場弐型(施設)
t:要点=作業員,清潔,まだ空の弁当箱
t:周辺環境=詰められていく弁当
t:評価=なし
t:特殊={
*お弁当工場弐型の扱い =個人所有アイテムとして見なし、一箇所に設置する
*お弁当工場弐型の効果 =この施設を利用してお弁当を作る判定に、+10する。
#お弁当にしか適用できず、お弁当自体が生活ゲームにしか使えないアイテムなので、安目と想定。
**お弁当工場参型の設置 =このアイテムを保有するには、500m2の土地が必要となる。

→次のアイドレス:・配達用トラック(乗り物)・食糧支援(イベント)・人気商品(アイテム)・医食同源(イベント)

#コスト試算
#器用10の犬士4人を投入したとする。大体評価値28。犬士3人で一人オペレート(陣頭指揮?)すれば31。
#前者の場合、AR10、器用リクエスト2の弁当を作るとして、20マイル毎に168食。後者なら288食。
#55の今日子さんを投入した場合、51のリアルデータが1万チョイなので、器用2の弁当を作るとしてAR10で14万5千食ぐらい。サーラさん込みなら29万食。
#これで推定消費29万*2キロで580トン。オペレートで+5かけられるのなら約72万食1500トン。


l:見積り ={
l:初期費用 =200(or180)+変換回数*30マイル 
l:年間経費 =使用回数*10
l:メリット =作業者のデータが直で反映される。強いほど有利。
l:デメリット =作業者のデータが直で反映される。弱いほど不利。強いキャラの手が取られる。

#+10なんていくら掛かるのか想定できない。
#おそらく2回動かす必要がないため、今日子&サーラペアを6回投入が可能ならそっちのほうが安い。


#3:少量無消費型

L:お弁当工場参型={
t:名称=お弁当工場参型(施設)
t:要点=作業員,清潔,まだ空の弁当箱
t:周辺環境=詰められていく弁当
t:評価=なし
t:特殊={
*お弁当工場参型の扱い =個人所有アイテムとして見なし、一箇所に設置する
*お弁当工場参型の効果 =1ターンあたり500個のお弁当を生産できる。この時、食料を消費しない。
**お弁当工場参型の設置 =このアイテムを保有するには、500m2の土地が必要となる。

→次のアイドレス:・配達用トラック(乗り物)・食糧支援(イベント)・人気商品(アイテム)・医食同源(イベント)

l:見積り ={
l:初期費用 =200(or180)+変換回数*30マイル 
l:年間経費 =なし
l:メリット =放っておけば勝手に出てくる。
l:デメリット =生産量が少ない。無消費なのが通るか不明。


#個人的には1。費用次第では2ではないかと踏んでいる。
#20000個が多いor少ないという場合は、数を調節すればいいと思う。2万5千までなら、現実の科学技術でも成し遂げられている。ただしその場合、車庫はないと思われる。
f:PLAYER =ポレポレ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。