porepoleのなんやかんや
このブログは管理者その他が、何やかやと好き勝手に使うためのものです。 取り敢えず当面はアイドレス。


プロフィール

porepole

Author:porepole
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ソード1の1回目の行動になります。よろしくお願いします。
また、質疑(http://p.ag.etr.ac/cwtg.jp/bbs2/19499)により大規模破壊救援(EV114-024)のカードからの参戦が認められました。代わりに準備ARはありません。
ゲーム開始地点を決められる(http://p.ag.etr.ac/cwtg.jp/bbs2/19502)との事なので、レンジャー連邦からスタートします。

初期AR:20+追加ブースター2+越前の施設修正3=25

f:PLAYER(参加騎士団)=ソード1(蒼龍号個人騎士団)
t:ソード1の編成=http://porepole.blog70.fc2.com/blog-entry-22.html

f:ソード1の行動={
# *対空戦闘を行い敵一部隊に攻撃を行う,対空戦闘,25,3,250
# *特殊を使う,なし,なし,3,0 #特殊の効果に従います。
# *救援移動で他国へ移動する,なし,なし,4,0
# *撤退して次の戦闘のアイドレスを選んで開く,なし,なし,4,0

#AR25の時点で、レンジャー連邦の部隊を攻撃します
 r:対空戦闘を行い敵一部隊に攻撃を行う,対空戦闘,25,3,250
#蒼龍19+蒼龍本体の特殊3+兵装コンテナ3+防空レーダー6=31
#AR23の時点で追加ブースターが外れるので、ブースターによるマイナス修正はないものとして扱っています。もし修正がある場合は、ここから3を引いて下さい。

#AR22の時点で
 r:特殊を使う,なし,なし,3,0 #特殊の効果に従います。
#蒼龍は単独で2航路動けるため、この特殊を使用して救援するakiharu国へ向かいます 

#AR19の時点で、akiharu国の部隊を攻撃します。
 r:対空戦闘を行い敵一部隊に攻撃を行う,対空戦闘,25,3,250
#蒼龍19+蒼龍本体の特殊3+兵装コンテナ3+防空レーダー6=31

#akiharu国の部隊への攻撃処理確定が16のため、18の時点で1度の強制リクエストを受けます。

#*強制リクエスト装甲(このリクエストは強制),装甲,32,0,0,{18、15、12}#失敗で部隊破壊、部隊がなくなったら戦闘爆撃部隊は対空施設すべてと王城を破壊し、最後にACEおよび個人ACEを狙って空爆を行う。その国は破壊される。
  #この強制リクエストは、航空機にも課せられる。
#蒼龍19+蒼龍本体の特殊3+兵装コンテナ3+防空レーダー6+オペレート分=31+オペレート分
#対空戦は対空戦で防御できる筈なので、対空数値を提出しています。出来ない場合、19+オペレート分になります。

#AR16の時点で
 r:特殊を使う,なし,なし,3,0 #特殊の効果に従います。
#蒼龍は単独で2航路動けるため、2航路目としてこの特殊を使用してキノウツンへ向かいます。

#AR13の時点で、まだ敵部隊が排除されてなければキノウツンの部隊を攻撃します。存在しない場合は無為にAR消費になるのでしょうか?
 r:対空戦闘を行い敵一部隊に攻撃を行う,対空戦闘,25,3,250
#蒼龍19+蒼龍本体の特殊3+兵装コンテナ3+防空レーダー6=31 
#キノウツンの部隊への攻撃処理確定が10のため、相手が存在するなら12の時点で1度の強制リクエストを受けます。

#*強制リクエスト装甲(このリクエストは強制),装甲,32,0,0,{18、15、12}#失敗で部隊破壊、部隊がなくなったら戦闘爆撃部隊は対空施設すべてと王城を破壊し、最後にACEおよび個人ACEを狙って空爆を行う。その国は破壊される。
  #この強制リクエストは、航空機にも課せられる。

#蒼龍19+蒼龍本体の特殊3+兵装コンテナ3+防空レーダー6+オペレート分=31+オペレート分
#対空戦は対空戦で防御できる筈なので、対空数値を提出しています。出来ない場合、19+オペレート分になります。

#AR10の時点で、撤退します。
 r:撤退して次の戦闘のアイドレスを選んで開く,なし,なし,4,0
  →次のアイドレス「ゲーム終了(EV114-99)」を選択



#行動終了時点の数値見込み: 対空戦闘+6 AR6 オペレート修正



f:ソード1のロールプレイ={
正直、出番が来るとは思っていなかった。

    /*/

「酷い連絡役をおおせつかりまして」
私の前に現れた秘書官が、最初に口にしたのがそれだった。

96機の戦闘爆撃機、狙われる4つの藩国、足りない手数。

「蒼龍で出た場合,装甲判定がイーブンくらいであるということです。
 ですので出撃のご判断はお任せしたいと
 いくとしたら共和国の地上防衛をおねがいすることになります」

表面上は判断の自由があるようにも見えるが、その実は強制である。
なぜなら、そこで引けば誰かが死ぬかも知れないからだ。今すぐではなくとも、手を割いたせいで取り逃がした相手の情報で、それが理由で今後の戦闘で被害が大きくなるかも知れない。向こうもそれが判っているから、“酷い”とつけたのだろう。


もう少し心震えるかと思ったが、その時の自分は意外と冷静だった。

    /*/

――蒼龍の力、EV114に買ってもらえませんか。
そう宰相に持ち込んだのは、少しばかり前になる。深夜3時だった。我ながらアホだとは思う。
検討すると言う返事を貰いつつも、帝国軍その他の評価値と見比べるに、能力不足で声は掛からないだろうと言うのが自分の予想であった。
舞踏子やスター系アイドレスのようなブーストが見込めない蒼龍は、単機では性能に限界があり、ポレポレには航空機をブーストさせる特殊が無い。

だから本当に声が掛かった時は正直驚いたし、そこまで切羽詰っているのかと言う想いも沸いた。

ともあれ、そんな事情で私は今、共和国の空にいる。
ソード1、それが今のコールサインだ。

    /*/

チャフ投下。飛来する相手の攻撃を避け、その動きから繋げて別の相手の後ろにつく。ロックオン、トリガー。命中を確認を機器に任せ、レーダーで更なる相手を探す。

 ・
 ・
 ・

トリガーを引く。ミサイルが飛びながら曳く白い筋が、最後の一機に引き付けられるように曲線を描く。爆発。
レーダーを確認。敵影、なし。全武装チェック、ミサイルの減りがやや多いが、問題なし。
『こちらソード1、全機撃墜を確認。レンジャー上空に残敵なし。予定通りakiharu国上空へ向かう』
機首をakiharu国へ向け、速度調整。

戦闘空域の移動の間は、パイロットにとって休息の一瞬でもある。少なくとも命の削りあいは無いからだ。奇襲されない限りは。
眼下に見えたレンジャー連邦の街並みを思い出す。猫の国はあまり見たことが無いが、何処もあんな感じなのだろうか。片付けた敵機の破片で被害が出ていないといいが。


目を瞑る。想像する。思い出す。
あの日燃え上がった、冬の京と言う場所を。
色々理屈はあったが、結局の所出撃した理由は、それとポチ王女の願いと言うだけだった。自分の単純さに少し呆れるが、まあ理由なんてそんなもんだろう。

自分の原点を確認し、目を開ける。
「よしDAIAN、もういっちょやれるだけやる…」
黙る。そうだ、今のコイツにはDAIANはいない。口から漏れた単語から、行方の知れぬ相手への気持ちを再確認してしまう。
あいつが居たら、もっと上手く機体を使えただろう。危なげなく全てを終わらせたかも知れない。俺は蒼龍をキチンと扱えているだろうか?

レーダーの光点の数が増える。此処は、これで全部か。
こみ上げてきた苦笑いと共にオペレーターへ向けて告げる。
『こちらソード1。akiharu国上空に着いた。敵影を確認、情報通りだ』

何を考えているのか。今のパイロットは私であり、それ以外の要素など関係無いと言うのに。
思考を戦闘に切り替える。振り返るのは後で良い。今は此処に居ない相手より、目の前に居る相棒だ。
今度は先程の様に一方的とは行かない。準備ARが無かった事が、防御への不安となって影を落とす。

だが、それがどうした。

「行くぞ、蒼龍。俺の出せる全てでもって、お前の力を引き出してやる。
 ――今だけは、俺がお前のDAIANだ」
リヒート点火。体に掛かるGを感じながら、操縦桿を握る腕に力を込める。

二度目の戦場へ。次も…勝つ!


#1600文字前後
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。